UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12306

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth. The 18th Paper : Terrestrial Heat Flow in the Japan Sea (2)
その他のタイトル: 地球熱学 第18報 : 日本海における海洋底地殻熱流量(2)
著者: Yasui, Masashi
Kishii, Toshio
Watanabe, Teruhiko
Uyeda, Seiya
著者(別言語): 安井, 正
岸井, 敏夫
渡部, 暉彦
上田, 誠也
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1501-1518
抄録: Terrestrial heat flow has been measured at 116 stations in the Japan Sea area. Except the western-most part, the whole of the Japan Sea has been covered by these measurements. Major features of heat flow in the Japan Sea are as follows: (1) The heat flow values are anomalously high throughout the area, the average value being 2.17±0.40(s.d.)×10-6cal/cm2 sec. The mean of the 1°×1° grid averages is 2.24×10-6cal/cm2 sec; (2) A weak positive correlation seems to exist between the heat flow and the water depth. Heat flow is higher in the northern deep basin, which has a typically oceanic deep basin, than in the southern part with a continental crust.
1964年に着手された日本海の地殻熱流量観測は, 1965年も引続き舞鶴海洋気象台観測船「清風丸」により行なわれ,測定点は,西部を除く日本海全域に渡り116点を数える.この結果, (1)地殻熱流量値は測定海域の全域に渡り異常に高く,その平均値は2.17±0.40×10-6cal/cm2sec,日本海を1°毎の網目に切つた1°×1°網による一種の荷重平均値は2.24×10-6cal/cm2に達する. (2)水深と熱流量値の間に弱い正相関があり,北部深海域で熱流量値が高く,中央部大和,北大和堆周辺で熱流量値は低い.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12306
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444007.pdf1.23 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください