UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12307

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth. The 19th Paper : Heat-Flow Measurements in the Northwestern Pacific.
その他のタイトル: 地球熱学 第19報 : 北西太平洋海域の地殻熱流量
著者: Vacquier, Victor
Uyeda, Seiya
Yasui, Masashi
Sclater, John
Corry, Charles
Watanabe, Teruhiko
著者(別言語): Vacquier, Victor
上田, 誠也
安井, 正
Sclater, John
Corry, Charles
渡部, 暉彦
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1519-1535
抄録: Sixty-five new heat-flow measurements were made in the north-western Pacific off Japan during the ZETES Expedition of R/V ARGO of Scripps Institution of Oceanography, as a part of the US-Japan Cooperative Science Program. The results show that the NW Pacific Basin, including the NW Pacific Rise and Emperor Seamounts, has uniform and slightly sub-normal heat-flow, the average being 1.15±0.37×10-6cal/cm2 sec. Higher heat-flow values were obtained on crossing the Izu-Mariana (Bonin) Arc. The Shikoku Basin does not appear to be a consistently high heat-flow area. Combined with the existing heat-flow values in and around Japan, present data seem to delineate a fairly complete pattern of heat-flow in an island arc area. For the first time several in situ measurements of the thermal conductivity of the bottom were made. Ten such measurements indicated that in situ value tends to be about 20% higher than the conventional measurements. This discrepancy requires to be thoroughly investigated, because if it is substantiated, it would affect all values previously measured in the oceans.
日米協力太平洋研究の一環として行なわれた, Argo号(スクリプス研)によるZetes航海において, 65点の熱流量測定が行なわれた.測定海域は,北西太平洋であり,北西太平洋海丘,天皇山脈海域を含む.海溝より海側の北西太平洋海盆は一様な熱流量分布をもち,平均は1.15±0.37×10-6cal/cm2secである.この値は,東南太平洋海域での平均値の略1/2である.伊豆-マリアナ弧では高流量が観測されたが,四国海盆は,必ずしも高熱流量を示さないようである.この点で,四国海盆は,日本海,オホーツク海などの内陸海とは異なつている.本観測において,はじめて,海底底質土の熱伝導度を,海底現場において測定することに成功した.その結果,現場法による熱伝導度は,従来の測定法によるものよりも20%程度大きな値を示した.この差が,有意差であれば,従来の海洋地域の熱流量測定値は一様に20%程度高く再評価されるべきであることになる.この問題は重要なので,さらに詳しい研究を必要とする.本論文では,一応,従来の測定法による熱伝導度を用いて熱流量が計算された.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12307
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444008.pdf923.41 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください