UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12308

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth The 20th Paper : Mountain Formation and Thermal Conduction.
その他のタイトル: 地球熱学 第20報 : 山岳形成と熱伝導
著者: Hagiwara, Yukio
著者(別言語): 萩原, 幸男
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1537-1551
抄録: Time-variations of temperature within a mountain range are calculated by applying the relaxation technique to solving an equation of thermal conduction in the following two-dimensional mountain models. 1) A mountain range which is formed by a rapid erosion. 2) Mountain formation is caused by water erosion, the speed of which is very slow and constant. 3) A volcanic intrusion penetrated a flat plain. The results of the computations indicate that an L-type isotherm pattern would not be actually observed in geothermal measurements provided the geologically accepted age of mountains is true. It is possible to roughly estimate the age of a volcanic dome if it is younger than a few 104 years. Mt. Minakamiyama, a volcanic dome in the central area of the Matsushiro Earthquake Swarm, seems to be older than 104 years, the conclusion being consistent with the result obtained by a K-Ar method.
山岳が浸蝕や火山活動によつて形成された後,温度分布が時間の経過とともに,どのように変化して行くかを,熱伝導方程式によつて計算した.山岳形成モデルとして 1) 断層・地すべりの類によつて急に形成された場合. 2) ゆるやかな浸蝕で形成されて来た場合. 3) 火山活動によつて形成された場合.を採用した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12308
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444009.pdf742.56 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください