UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12309

タイトル: Electrical Conductivity of Strained Rocks. The Second Paper. : Further Experiments on Sedimentary Rocks.
その他のタイトル: 岩石変形と電気伝導度変化(第2報) : 堆積岩についての室内実験
著者: Yamazaki, Yoshio
著者(別言語): 山崎, 良雄
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1553-1570
抄録: Changes in the resistivity of three kinds of sedimentary rocks, lapilli tuff, tuffaceous sandstone and pumice tuff, are studied in fair detail by making use of an oil pressure testing machine. The rate of change in resistivity for a lapilli tuff sample from Aburatsubo proved to be extremely large amounting to a value a few hundred times as large as the change in mechanical strain, the results generally confirming those preliminarily obtained in the previous paper. Although a simple theory of electric conduction in a strained rock containing water is advanced in Appendix, no good agreement between the theory and actual experiments was obtained.
第一報で岩石の歪と,電気伝導度,すなわち比抵抗の変化とについてのべた.とくに油壺の火山礫凝灰岩(Lapilli tuff)では歪と比抵抗変化との比,⊿ρ/ρ/⊿L/Lは102~103にもなることがあきらかになつた.しかしこのときには岩石に加える圧力も,かんたんに変えることが出来ず,また実験の回数もすくなかつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12309
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444010.pdf890.11 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください