UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12313

タイトル: Matsushiro Earthquakes Observed with a Temporary Seimographic Network.: Part 2
その他のタイトル: 臨時地震観測網による松代地震群の調査結果 : 第2報
著者: the Party for Seismographic Observation of Matsushiro Earthquakes
the Seismomentrical section
著者(別言語): 地震観測班
地震計測部
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1689-1714
抄録: 1965年8月3日に始まる松代町附近の群発地震は,その年の11月下旬に第1期のピークと称される.地震活動の一つの山があり,その後, 1966年3月中旬までは震度IV級の地震が月に2~3回程度発生したが,毎日の地震回数は概ね横ばい状態を示した.しかし, 3月中旬以降再び地震活動は活発となり,第2期の活動に入つたのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12313
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444014.pdf1.44 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください