UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12315

タイトル: Geomagnetic and Geoelectric Studies of the Matsushiro Earthquake Swarm (4).
その他のタイトル: 松代地震群の地球電磁気学的調査(4)
著者: Rikitake, Tsuneji
Yamazaki, Yoshio
Sawada, Munehisa
Sasai, Yoichi
Yoshino Toshio
Uzawa, Seiji
Shimomura, Takafumi
著者(別言語): 力武, 常次
山崎, 良雄
沢田, 宗久
笹井, 洋一
吉野, 登志男
鵜沢, 聖治
下村, 高史
発行日: 1967年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第44冊第4号, 1967.3.31, pp. 1735-1758
抄録: A number of proton precession magnetometers have been set up over the Matsushiro earthquake area. One at Matsushiro indicated a definite increase in the total geomagnetic intensity and the other at Hoshina a decrease towards the end of August, 1966. These changes amount to some 5γ or a little larger. A marked change in the geomagnetic dip during a seven month's period was found around Mt. Minakamiyama in the central area of the earthquake swarm. These local anomalous changes are unlikely to be accounted for by an intrusion of hot material. An alternative interpretation due to a piezo-magnetic effect is considered.
松代地震は1966年4月頃に大きな活動期をむかえたが, 8月にはまたまた活発化している.この地震群を地球電磁気学的に研究するため,プロトン磁力計がつぎつぎに設置され, 10月初旬には長野県に7ヵ所になる予定で,かつてない精密観測といえよう.観測点はFig.1に示すように,つぎの各点である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12315
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0444016.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください