UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12324

タイトル: The Wave Form of Tsunami on the Continental Shelf.
その他のタイトル: 陸棚における津波の波形
著者: Hatori, Tokutaro
著者(別言語): 羽鳥, 徳太郎
発行日: 1967年6月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第1号, 1967.6.15, pp. 79-90
抄録: From mareograms for some tsunamis observed at the head of Onagawa Bay, the wave form outside the bay is estimated, based on the theory of the multiple reflection of waves. The calculated waves are similar to a certain extent to the observed records at Enoshima which is located outside the bay. Besides, some records at Onahama and Ayukawa are analyzed by the same method. For the Iturup, Alaska and other tsunamis, spectral analyses of the records at Miyako, Enoshima, Onagawa and Onahama are made, the coherences and phase differences for each station pair being calculated. Making use of these results, the existence of edge waves is examined with the aid of the theoretical dispersion curves of phase velocity.
1958年, 1963年のエトロフ津波および1964年のアラスカ津波について,女川,小名浜,鮎川の各湾奥で観測された検潮記録から,湾口における津波の波形を求めた.解析方法は波の重複反射の理論にもとずいて,次の様に行なう.記録された波から,平常の潮汐成分をとり除き,この波に湾の静振周期の半周期ずらして加算を行なっている.とくに女川湾外には江ノ島の津波計による同時観測が行なわれているので,江ノ島の記録と湾口の推定波形とを対比すると,波形,振幅がかなりよく合致する結果を得た.したがって,湾奥で観測した津波記録から,湾口における波形を推定するのに,この方法は有用であろう.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12324
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0451007.pdf589.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください