UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12325

タイトル: A Long Wave around a Breakwater : Case of Perpendicular Incidence [I]
その他のタイトル: 防波堤のまわりにおける長波 : 垂直入射の場合[I]
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1967年6月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第1号, 1967.6.15, pp. 91-136
抄録: In this paper, a theory of long waves around a breakwater is introduced by use of the method of the buffer domain, the behaviors of the waves thereabouts being elucidated with the aid of an electronic computer. Among the obtained results, the most conspicuous feature is an appearance of the reflected waves which produce a maximum wave height exceeding twice the amplitude of the incident waves in the nearby part of the mouth of a breakwater, causing a rotation of waves as a complementary flow. Other than the approximated theories developed so far, the boundary conditions at the rigid walls of two breakwater wings are satisfied rigorously in the theory established in this paper (by use of the method of the buffer domain).
本報告において防波堤のまわりの長波に関する理論がbuffer domainの方法を用いて導入され,電子計算機を用いて防波堤の近傍における長波の状態が解明されている.得られた結果の中で最も著しい点は,防波堤の入口の近傍に特種な反射波が現われることである.反射波は防波堤の入口近傍に波高の高い部分(その波高は入射波の波高の2倍をこえている)を作り,更にこの反射波の両側には回転する波が(補流として)現われる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12325
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0451008.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください