UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12331

タイトル: Optimum Distribution of Seismic Observation Points. IV : Desirable Location of a New Station in Yugoslavia
その他のタイトル: 地震観測点の最良分布 IV : ユーゴスラヴィア新観測所の最適地
著者: Skoko, Dragutin
Sato, Yasuo
Ochi, Itsue
著者(別言語): Skoko, Dragutin
佐藤, 春夫
越智, 五江
発行日: 1967年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第2号, 1967.8.25, pp. 289-298
抄録: The problem of optimum distribution of seismic observation points here discussed is what will be the best location for the new station which is to be set up in addition to the present ones in Yugoslavia. An epicenter was assumed and then the errthquake parameters were calculated using the data of arrival times of the present eight stations which are not without a certain amount of observation errors. If the observation error is normally distributed and has a standard deviation 0.1 sec the average value of the expected errors for the epicenter location and the origin time are about 3.1km and 0.77 sec respectively. Then a new station and its location was changed uniformly with a constant stepping within the territory of Yugoslavia. If an adequate location is chosen for the additional station, the average values of expected errors all over the country decrease as much as 20%. In this way the optimum location of the new station was discussed, the calculation being based on the Monte Carlo method.
ユーゴスラヴィアには現在8個の地震観測所があるが(第1表および第1図参照),さらに新しく一つの観測所を建設しようとの計画がある.その位置をどこにとつたならもつとも有効であるか,という問題を,以前からとつていると同様のシミュレイションの方法によつて考えてみた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12331
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0452001.pdf507.62 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください