UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12332

タイトル: Attenuation of P Waves in the Upper and Lower Mantle
その他のタイトル: 上部マントルおよび下部マントルにおけるP波の減衰
著者: Kanamori, Hiroo
著者(別言語): 金森, 博雄
発行日: 1967年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第2号, 1967.8.25, pp. 299-312
抄録: Difference of Q, specific quality factor, for P waves in the upper and the lower mantle is determined around the period of 1sec by the spectral analysis of P, PcP, pP and pPcP phases from nine after-shocks of the Alaska earthquake of March 28, 1964. The effects of crustal layerings are removed by Haskell's method. From relative spectral ratios P/PcP and pP/pPcP, the maximum of the average Q for P waves, Qα, is estimated as 800. The ratio of the average Q for the upper 870km of the mantle, Q'α, to that for the rest of the mantle, Q"α, cannot be larger than 0.3. The probable range of Qα, Q'α, Q"α and Q'α/Q"α can be Determined as 410<Qα<630, 180<Q'α<240, 1600<Q"α<6000, and 0.04<Q'α/Q"α<0.12 respectively, when the previously determined relation between Qα and Qα/Qβ (Qβ; average Q for shear), and the range of the ratio 1.8≦Qα/Qβ≦2.5 suggested by surface wave studies are used.
1964年3月28日のアラスカ地震にともなう9個の余震のP, PcP, pP, pPcPのスペクトル解析を行なつて,周期1秒程度のP波に対するQの上部マントルと下部マントルでの相違を推定した.地殻の層構造のスペクトルにおよぼす影響はハスケルの方法によつてのぞいた. PとPcP,およびpPとpPcPの相対スペクトル比からマントル全体でのP波に対するQの平均, Qα,の最大値は800と推定される. 870kmより浅い部分のマントルについてのQの平均,Q'α,と870kmより深い部分のマントルについてのQが平均, Q"α,の比, Q'α/Q"α,はたかだか0.3である.今までに推定されているQαとQα/Qβ (Qβはマントル全体についてのS波のQの平均)の関係および,裏面波の減衰から推定される値1.8<Qα/Qβ<2.5を用いると, Qα, Q'α, Q"α,および, Q'α/Q"αの範囲はそれぞれ, 410<Qα<630, 180<Q'α<240, 1600<Q"α<6000,および, 0.04<Q'α/ Q"α<0.12と推定される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12332
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0452002.pdf738.23 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください