UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12333

タイトル: Regional Variations in Magnitude-Frequency Relation of Earthquakes
その他のタイトル: 地震の規模別頻度分布の地域性
著者: Mogi, Kiyoo
著者(別言語): 茂木, 清夫
発行日: 1967年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第2号, 1967.8.25, pp. 313-325
抄録: 地震の規模別頻度分布の地域性については,これまで多くの研究がなされている.これらの研究は, log n-M曲線が一つの直線であらわされるとして,その係数bについて論じたものであるが,まだはつきりした結論に達していない.本論では, log n-M曲線が必ずしも一つの直線であらわされないことに注目して,その形の地域的差異を論じた.主に,日本およびその周辺を取扱つたが,その結果は次の通りである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12333
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0452003.pdf557.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください