UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12334

タイトル: On the Secular Variation of Magnitude-Frequency Relation of Earthquakes
その他のタイトル: 地震の規模と回数の関係の永年変化について
著者: Ikegami, Ryohei
著者(別言語): 池上, 良平
発行日: 1967年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第2号, 1967.8.25, pp. 327-338
抄録: 地震の規模Mとその発生回数Nとの間の関係式(1)または(2)における係数bの値が,地域によつて異なることが最近のいくつかの研究によつて指摘された.今回の研究は,同一地域において,係数bの値に永年変化があるかどうかを調べるのが目的であるが,M<6.0の地震には資料に欠けるものがあるので, Mの代りに最大有感距離の対数値log⊿を用いて,これとMとの関係式(4)における係数βの永年変化性を調べた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12334
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0452004.pdf578.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください