UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12340

タイトル: Ground Cracks at Matsushiro Probably of Underlying Strike-slip Fault Origin, II : The Matsushiro Earthquake Fault
その他のタイトル: 横ずれ断層によると考えられる松代の地割れ群II : 松代地震断層
著者: Nakamura, Kazaki
Tsuneishi, Yukimasa
著者(別言語): 中村, 一明
恒石, 幸正
発行日: 1967年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第2号, 1967.8.25, pp. 417-471
抄録: 1965年8月に始まつた松代地震群は翌1966年の4月および8月-9月に最盛期を迎え,震央域では水平・鉛直方向の地殻変動,地割れの出現,地辷りの発生,異常な地下水の湧出などの地変が続いた.筆者らはこれらの現象のうち主として潜在地震断層の発生を指示すると考えられる地割れについての研究を行なつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12340
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0452010.pdf5.58 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください