UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12353

タイトル: Regional Variation of Aftershock Activity.
その他のタイトル: 余震活動の地域性
著者: Mogi, Kiyoo
著者(別言語): 茂木, 清夫
発行日: 1967年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第3号, 1967.11.30, pp. 711-726
抄録: As a continuation of a previous investigation, great regional variations of aftershock activity in and near Japan are presented by using the difference of magnitudes between the main shock and the largest aftershock as a measure of activity. Even within the outer seismic zone which is one of the most active areas in the circum-Pacific belt, the aftershock activity varies with marked contrast. The rate of decay of aftershock activity and the activity of earthquake swarms are also different in different tectonic regions. The fracture hypothesis of earthquakes suggests that these regionalities in occurrence of aftershocks and earthquake swarms reflect mechanical conditions of the earth's crust. From this standpoint, the mechanical structures of the earth's crust in this area are again discussed based on these new data.
さきに,日本付近の余震活動に著しい地域的差異があること,その地理的分布が地殻の構造状態を反映するものであることを論じた.その時は,余震活動度をあらわす尺度として,ある地域に起こる地震(M>4~4.5)のうち,余震を伴つた地震のパーセンテージを用いた.この方法は陸地に起こる地震については十分正確な値を与えるが,小さい地震の観測精度の低い海洋地域についてはある程度の誤差を伴う.しかしながら,東北日本外側地震帯をはじめ,日本付近の主な活動地域は海洋地域にある.本論文では,特に海洋地域の余震活動あるいは群発地震活動の詳細を明らかにするために,観測精度の十分高い比較的大きい地震(主としてM≥6)に着目し,本震と最大余震のマグニチュードの差(M0-M1)を余震活動度の尺度に用いて,その地域性を調べた.東北日本外帯の地震頻発地域の中でも,余震活動度は系統的に大きく変化している.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12353
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0453008.pdf910.96 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください