UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12355

タイトル: An Automatic On-line Data Processor for Micro-earthquake Field Observations.
その他のタイトル: 微小地震野外常時観測のための直接情報処理装置
著者: Matumoto, Hideteru
著者(別言語): 松本, 英照
発行日: 1967年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第3号, 1967.11.30, pp. 739-748
抄録: Automatic data processing in seismology has been developed using both digital and analogue techniques, in order to standardize seismic identification as well as to decrease the burden of station seismologists in the interpretation work against the increasing amount of earthquakes recorded at sensitive modern stations. Both analogue and digital methods have their own merits in theory and practice. For the real time processing of abundant flow-in of continuous multichannel data, analogue techniques seem to be more handy and economical than the digital ones. In this paper, the author describes one of the most useful logical circuits to process and print out seismic information automatically by making use of the semi-analogue technique and shows details of the instrument constructed, together with results of its actual operation in field observation.
地震予知計画の一環として微小地震の常時観測がとりあげられ,微小地震の観測態勢は全国的に整備されてきたが,各観測所では多量に蓄積される記録の処理におおくの人力と費用を消費され観測所の運営に問題が生じつつあるようである.また1965年来の松代地震の観測においては,確認しうるすべての地震に対して,人力による情報解析処理をおこなうことは不可能にちかく,早急な地震情報自動処理装置の開発がのぞまれた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12355
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0453010.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください