UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12357

タイトル: Geomagnetic Variation Associated with Stress Change Within a Semi-infinite Elastic Earth Caused by a Cylindrical Force Source.
その他のタイトル: 円筒状力源による半無限弾性体内の応力分布とそれに伴う地磁気変化
著者: Yukutake, Takesi
Tachinaka, Hiroko
著者(別言語): 行武, 毅
立中, ひろ子
発行日: 1967年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第3号, 1967.11.30, pp. 785-798
抄録: Geomagnetic variations are studied due to the effect of stress on magnetization of rocks when a hydrostatic pressure is applied from inside to the cylindrical surface embedded in the earth. If the earth is assumed to be composed of a homogeneous rock with an intensity of magnetization 3×10-3 emu/cc, the maximum change of approximately 2γ in total intensity is expected for the cylindrical source of 5km radius being placed at a depth of 14.5km and subjected to an internal pressure of 100 bar. For the cylinder of 10.5km depth, the variation amounts to 3γ.
地下に円筒状の力源があり,その表面に内部から静水圧が加つた場合の,地中の応力分布と,それに伴う地磁気変化とを計算した.地穀が深さ20kmまで自然残留磁気3×10-3emuの一様な岩からなり,半径5kmの円筒が,深さ14.5kmにあつて,内側から100barの圧力が加つた場合,地表では最大2γの全磁力の変化が期待される.探さ10.5kmの円筒に対しては,地表の変化は3γに達する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12357
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0453012.pdf644.84 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください