UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12359

タイトル: Palaeomagnetism of Nine Seamounts in the Western Pacific and of Three Volcanoes in Japan.
その他のタイトル: 西太平洋における9個の海山及び日本の3個の火山の古地磁気学
著者: Vacquier, Victor
Uyeda, Seiya
著者(別言語): Vacquier, V.
上田, 誠也
発行日: 1967年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第3号, 1967.11.30, pp. 815-848
抄録: Assuming uniformity of magnetization, the direction and intensity of magnetization of nine seamounts in the Western Pacific off the coast of Japan have been computed from their topographic and magnetic surveys. The average position of the palaeomagnetic poles from the three seamounts in the Pacific Basin is at 56°N-66°W, which agrees in latitude with the average pole position of 51°N-14°W obtained previously from another group of four seamounts in the Pacific Basin off Hokkaido. A group of three seamounts west of the Izu-Bonin Arc (Shikoku Basin) gave an average pole position of 76°N-44°W. The difference in latitude between the pole positions of the groups within and outside the Pacific Basin can be interpreted as caused by a northerly drift of the Pacific Ocean floor. The radiometric age of the dredged rock samples indicates that the seamounts in the Pacific Basin originated in the Cretaceous. The same method of analysis has been applied to three active Japanese volcanoes over which aeromagnetic surveys had been made. Of the three volcanoes, two volcanic islands gave palaeomagnetic poles not far from the present geographic pole, but the inland volcano Aso gave a pole at low latitude. Low-latitude poles were also obtained from two undated seamounts on the NW Pacific (Shatsky) Rise.
1966年に行なわれた日米協同観測結果にもとづいて,西大洋海域における9個の海山について,その磁化を計算した.計算結果から求められる古地磁気学的磁極は,主として北部大西洋に集中し,かつて,北海道沖の4個の海山から求められたものと一致する傾向を示す.底質岩石の年代は白亜紀末であろうことがK-Ar法によつて得られているので,今回の研究は,太平洋底が,中生代末以来,現在の磁極に対して北上したという事実を示唆する.このことは大陸移動説におけるゴンドワナ大陸の分裂とも,最近の海洋底拡大説とも矛盾しない.阿蘇,桜島,伊豆大島等については,航空磁気測量結果にもとづいて,同様の計算が行なわれた.阿蘇火山の場合には,地形のみでなく,地下に双極子を仮定する方がよいように思われる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12359
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0453014.pdf1.96 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください