UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12363

タイトル: Geomagnetic and Geoelectric Studies of the Matsushiro Earthquake Swarm (6).
その他のタイトル: 松代地震群の地球電磁気学的調査(6)
著者: Rikitake, Tsuneji
Yukutake, Takesi
Sawada, Munehisa
Sasai, Yoichi
Watanabe, Teruhiko
Tachinaka, Hiroko
著者(別言語): 力武, 常次
行武, 毅
沢田, 宗久
笹井, 洋一
渡部, 暉彦
立中, ひろ子
発行日: 1967年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第45冊第3号, 1967.11.30, pp. 919-944
抄録: A rubidium vapour magnetometer was operated at the top of Mt. Minakamiyama during the period from November 1966 to February 1967. Time variations in the field gradient over 100m were observed. In order to eliminate the electric railway noises, magnetic variations were averaged during the period from one hour before to one hour after the earthquakes. Although random noises were reduced to the level less than 0.03γ, no marked variations that might be associated with earthquake occurrences were recognized. Extremely local variations were noted in the field difference between the points of 100m distance at the time of externally applied magnetic disturbances such as bays, diurnal variations and magnetic storms.
Varrian社のルビディウム磁力計を皆神山頂上に設置し, 1966年11月より1967年4月まで2点間の全磁力差を連続的に観測した.地震前後に比較的短時間の微小な地磁気変化が起るかどうかを調べるのが目的である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12363
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0453018.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください