UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12377

タイトル: 5. A Model of the Bottom Boundary Layer in Water Waves
その他のタイトル: 5.波に伴なう水底摩擦境界層について
著者: Kajiura, Kinjiro
著者(別言語): 梶浦, 欣二郎
発行日: 1968年3月19日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第1号, 1968.3.19, pp. 75-123
抄録: On the basis of an eddy viscosity assumption compatible with the two-layer model (wall and defect layers) of the turbulent boundary layer, a method of calculating various characteristics of the wave boundary layer, such as the friction coefficient, universal profiles of the stress and velocity in the defect layer have been developed. Numerical results show that amplitude and phase of the friction coefficient increase with the decrease of the amplitude of the reference velocity and/or the period of wave. The criteria for the smooth-rough and laminar-turbulent transitions are also suggested from the analogy to the case of steady flow. Most of the experimental data on the friction coefficint and the. velocity profile in a wave boundary layer seem to be favorably compared with the prediction derived from the present model.|水粒子の周期運動によって水底に生ずる乱流境界層に関して,前論文(梶浦,1964)では,摩擦層が水面に及ぶ様な周期の長い波の場合を主として取扱ったが,ここでは境界層厚が水深にくらべて小さい場合を考える.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12377
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0461005.pdf2.34 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください