UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12379

タイトル: 7. Geomagnetic Noises and Detectability of Seismo-magnetic Effect(1)
その他のタイトル: 7.地震に伴なう地磁気変化に対する磁気雑音(1)
著者: Rikitake, Tsuneji
Yoshino, Toshio
Sasai, Yoichi
著者(別言語): 力武, 常次
吉野, 登志男
笹井, 洋一
発行日: 1968年3月19日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第1号, 1968.3.19, pp. 137-151
抄録: Geomagnetic total intensity values at various stations in the central part of Japan are examined with the intention of investigating into the accuracy of mutual comparison. The data from stations in the Matsushiro area lead to a conclusion that simple difference values are distributed with a standard deviation slightly smaller than 2γ on quiet days. Use of a mixing technique is suggested for making accidental noises small. A detailed examination of the data from Kanozan and Oshima, 81 km distant from one another, suggests usefulness of a weighted difference technique which leads to a standard deviation smaller than 2γ. Similar study on the data from two stations on Oshima Island brings out an extremely noisy example. No practicable way of correcting the data to an extent cited above is found.|2ヵ所の観測点におけるプロトン磁力計の観測値を比較する場合に,単純な差を作るだけでは,観測点付近の地下構造および人工的雑音のために,地震に伴なう地磁気変化を精度よく検出することがむずかしい.このような雑音は地域ごとにことなっていると思われるので,筆者らは日本全土についてこの種雑音の特性を明らかにすることを目的としている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12379
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0461007.pdf858.1 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください