UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12381

タイトル: 9.和歌山県湯浅における地震観測
その他のタイトル: 9. Seismological Observation at Yuasa, Wakayama Prefecture, Japan
著者: 新屋, 兼次郎
著者(別言語): Shinya, Kanejiro
発行日: 1968年3月19日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第1号, 1968.3.19, pp. 161-173
抄録: In 1949 Imamura Tromometer, Type 14, (NS and EW) and in 1953 Ishimoto Accelerographs (NS, EW and UD) were installed in the campus of Taikyu High School, at Yuasa, Wakayama Prefecture and the observation has been continuously performed to date (cf. Fig. 1 and 2). Seismological interpretations have been published in the yearly report of the Geo-science Group of the High School named "Taikyu Chigaku" and also stored as Remington-Rand punched cards (cf. Fig. 3) in the Earthquake Research Institute.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12381
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0461009.pdf824.58 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください