UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12385

タイトル: 13. Ultra Micro-Earthqfwafces in the Area around Matsushiro
その他のタイトル: 13.松代町周辺地域における極微小地震
著者: Hamada, Kazuo
著者(別言語): 浜田, 和郎
発行日: 1968年6月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第2号, 1968.6.20, pp. 271-318
抄録: 1965年8月に発生した長野県松代町(36°34'N,138°13'E)附近の群発地震はいくつかの強震と異状な地殻変動を伴ないながら,1967年16月現在もなお続いている.この間気象庁松代観測所から報告された16万倍の地震計による地震の総回数は66万回を数え,有感地震だけでも6万回に達している.これ等の地震の規模はマグニチュード5.3が最大であり,地震として放出された総エネルギーは1.6×1021エルグになり,これはちようどM=6.3の地震1個に相当している.この期間地震回数の上で顕著な山は1965年11月下旬,1966年4,5月,1966年8,9月に在り,1967年に入つてからは全体として震源域は拡大したが,地震回数は徐々に減少している.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12385
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0462004.pdf3.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください