UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12388

タイトル: 16. Electromagnetic Induction in Uniform and Non-uniform Sheets Underlain by an Undulating Perfect Conductor
その他のタイトル: 16.起伏のある導体上におかれた薄層の電磁感応
著者: Rikitake, Tsuneji
著者(別言語): 力武, 常次
発行日: 1968年6月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第2号, 1968.6.20, pp. 361-384
抄録: A theory of electromagnetic induction in uniform and nonuniform thin sheets underlain by a perfect conductor having an undulatory surface is advanced. The uniform sheet behaves as if it is non-uniform, i.e. its resistance is apparently high over the rise of the underlying conductor and is low over the depression. The total (inducing plus induced) Z field (normal to the sheet) is smaller over the former portion of the underlying conductor than over the latter. A non-uniform sheet representing the low-conducting land, highconducting deep ocean and transitional sea of which the depth gradually increases is assumed. The underlying perfect conductor is assumed either to upheave (Case A) or subside (Case B) beneath the high-conducting portion of the sheet. Circulation of the induced currents around the high-conducting portion for most of the time is brought out by the calculation though the effect of the underlying conductor can also be seen when the current intensity becomes small in the course of one cycle of variation. Marked enhancement of the Z field around the edge of the deep sea occurs for both the cases. The position of the maximum Z for Case A takes place closer to the coast-line than that for Case B. Geomagnetic variations at a land-ocean boundary seem to be seriously affected by the undulation of the mantle conducting layer.|正弦波状の凹凸のある完全導体上に一様または非一様薄層がある場合の電磁感応を調べた.はじめの場合は,一様な深さの海洋底の導電的マントルに起伏がある場合に相当するが,誘導電流は凸起部上の層中で小さくなる.またそこでは磁場の鉛直分力(層に直交する成分)が小さくなる.このような結果から,海上で磁場変動を観測することにより,マントルの凸凹を検出することの可能性が示唆される.つぎに薄層が深海に対応する高導電的,大陸棚に対応する漸増導電的および大陸に対応する低導電的部分からなる場合について,マントル隆起部が高導電部下にあるとき(Case A)と沈降部がそこにあるとき(Case B)とを調べた.電流分布の様子は,この薄層がfree spaceにおかれた場合と似ていて,高導電部分を環流する.二つの場合とも,高導電部分の端で鉛直分力がいちじるしく増大するが,その最大の位置はCase Aについては, Case Bよりも低導電部分にかたよる.このような結果からみて,海陸境界付近の地球磁場変動を詳しく観測することによつて,continental marginの地下の電気的構造を知ることの可能性が示唆される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12388
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0462007.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください