UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12393

タイトル: 21. Lateral Variation of Rayleigh Wave Dispersion Character : Part 5 North American Continent and Arctic Ocean
その他のタイトル: 21.レイリー波群速度分散性の地理的分布 : 5: 米大陸と北極海
著者: Santo, Tetsuo
著者(別言語): 三東, 哲夫
発行日: 1968年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第3号, 1968.7.25, pp. 431-456
抄録: Regionalization of the North American Continent, the Arctic Ocean Basin and their surroundings with regard to the group velocity dispersion character of Rayleigh waves (period 20-40 seconds) were made by means of "crossing-path technique." In the North American Continent, dispersion index in the Canadian shield was found to be as low as 5.5. This result was discussed by comparing with the dispersion data obtained by J. N. Brune etal. It was suggested that Hudson Bay has a thick sediment. In the Arctic Ocean, special dispersion character was not observed along the narrow seismic belt which is considered to be the extension of the Mid-Atlantic Ridge. A dispersion region with extremely high dispersion index of 10 was again confirmed around Novaya Zemlya. The peculiar dispersion character of Rayleigh waves was discovered along the path covering Greenland.|これまでと同じ方法で,北米大陸と北極海をいくつかの分散区に分けてみた.北米大陸では,予想通り,カナダ楯状地が分散指数5.5という,大陸としては大変に小さな値をもつ地区であることが明かになった(第4図).唯,J. Bruneらが,カナダ楯状地を代表する地殻マントルモデルとしてきめたCANSDモデルを見出ナのに用いた分散資料を,こんど得た分散区の分布で検討してみると,分散指数9を示すハドソン湾まで含んだ経路の資料も入っているので,CANSDは,カナグ楯状地だけのモデルとしては適当とは思えない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12393
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0463001.pdf1.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください