UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12396

タイトル: 25. Crusted Structure in the Profile across the Northeastern Part of Honshu, Japan, as Derived from Explosion Seismic Observations : Part 1. Observations of Seismic Waves Generated from the Off Kesennuma, the Off Oga Peninsula and the Tutihata Explosions
その他のタイトル: 25.爆破地震動観測による東北日本を横断する測線上の地殻構造 : 第1部 気仙沼沖,男鹿半島沖及び土畑爆破地震動の観測
著者: THE RESEARCH GROUP FOR EXPLOSION SEISMOLOGY
著者(別言語): 爆破地震動研究グループ
発行日: 1968年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第3号, 1968.7.25, pp. 529-605
抄録: In the middle of March 1965, more than fifty shots were fired at sea off Kesennuma in the northeastern part of Honshu for sixteen temporary observation sites on land and a receiving vessel. The amount of explosives is relatively small, 450kg in maximum, in comparison with the land shots. In early March 1966, an explosion at Tutihata Mine and twenty one shots were fired off Oga Peninsula for almost the same temporary stations with those in the Off Kesennuma explosions. In these experiments, good records were obtained through the profile. These experiments in the northeastern part of Honshu are described and the observational results are presented.|昭和40年3月中旬,宮城県気仙沼沖で50個以上の海中爆破が東北地方を横切る測線上の16個の観測点及び海上観測船のために行われた.薬量は最高450kgで,小量で遠方まで良好な記録が得られた.又,昭和41年3月上旬,土畑鉱山で1回,秋田県男鹿半島沖で20個以上の海中爆破が気仙沼沖爆破と,ほぼ同じ観測点で観測された.この時も最高薬量475kgで300kmを超える距離まで,かなり良好な記録が得られた.海上爆破点の位置は気仙沼沖爆破では3個所,男鹿沖爆破では2個所での水中音波の観測によって推定された.これらの爆破と,得られた観測資料について報告されている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12396
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0463005.pdf2.98 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください