UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12399

タイトル: 28. Electro-Optical Measurement of Horizontal Strains Accumulating in the Swarm Earthquake Area (4)
その他のタイトル: 28.群発地震活動に伴う地殻変動の観測(4)
著者: Kasahara, Keichi
Okada, Atusi
Shibano, Mutsuro
Sasaki, Koichi
Matsumoto, Shigeo
Hirai, Masayo
著者(別言語): 笠原, 慶一
岡田, 惇
柴野, 睦郎
佐々木, 幸一
松本, 滋夫
平井, 正代
発行日: 1968年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第3号, 1968.7.25, pp. 651-661
抄録: The authors have repeated Geodimeter surveys in the Matsushiro and its adjacent areas since October, 1965. The present paper deals mainly with the surveys after 1966, as the data for the earlier period were reported in the previous three papers. The base-lines of Sorobeku, Nishiterao and Zozan changed their length for -6.4, -1.3 and +3.2 cm, respectively, during the period November, 1966-March, 1968. These changes agree, in the sense, with those noticed after the climax of ground deformations in October of 1966. We may therefore conclude that the base-line lengths, which once effected great changes (Sorobeku: +116 cm, Nishiterao: +72 cm, Zozan: -22cm), have recovered their deformation for about ten percent of the respective peak value. Surveys on the Wakaho, Nakano, and Omachi networks are reported together with the preliminary data obtained from the newly constructed Akashina and Sakaki networks.|松代群発地震に関する調査の一環として,筆者らはジオジメーターによる光波測量を1965年秋以来繰り返してきた.1966年11月までの実施結果については既に報告が済んでいるから,本報ではそれ以降1968年3月にいたるまでの作業について報告する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12399
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0463008.pdf723.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください