UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12405

タイトル: 34.光波測量による地殻変動の観測 : 第2報 関東・中部地方における基線網の増設と観測結果(昭和41・42年度)
その他のタイトル: 34. Observation of Horizontal Strain Accumulation by Electro-Optical Means : 2. Resurvey in central Honshu, Japan for the period May, 1966-March, 1968
著者: 笠原, 慶一
岡田, 惇
柴野, 睦郎
佐々木, 幸一
松本, 滋夫
平井, 正代
著者(別言語): Kasahara, Keichi
Okada, Atusi
Shibano, Mutsuro
Sasaki, Koichi
Matsumoto, Shigeo
Hirai, Masayo
発行日: 1968年7月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第3号, 1968.7.25, pp. 741-758
抄録: The authors have been conducting Geodimeter surveys in central Honshu, Japan in order to study tectonic movements occurring there. As a continuation of the previous report, the present paper reports and discusses the results of the recent surveys which were carried out during the period May, 1966-March, 1968. In 1967, the authors introduced a Geodimeter (Model 6) into their surveys to replace the previously used Geodimeter (Model 4). Technical problems associated with this replacement are also discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12405
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0463014.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください