UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12421

タイトル: 50. Deep Structure of Island Arcs as Revealed by Surface Waves
その他のタイトル: 50.長周期表面波によるIsland Arc構造の研究
著者: Kanamori, Hiroo
Abe, Katsuyuki
著者(別言語): 金森, 博雄
阿部, 勝征
発行日: 1968年12月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第5号, 1968.12.20, pp. 1001-1025
抄録: Group velocities of Rayleigh and Love waves have been measured for a period range 20 to 110 sec to study regional differences in deep island arc structure. Three-component long-period seismographs were used for the measurements. Two horizontal components, NS and EW, were transformed to transverse and radial components to facilitate a separation of Love and Rayleigh waves. Group velocities were determined on both time and frequency domains; band-pass filtering was used on the time domain, and the group delay time dφ/dω(φ: phase, ω: angular frequency) was measured on the frequency domain. At the period of 100 sec, the group velocities of Love waves measured for earthquakes near the West Caroline Islands and the Banda Sea are 0.15 km/sec lower than those measured for an earthquake near the Aleutian Islands. A similar trend was found for Rayleigh waves; the velocity difference is 0.15 km/sec at 80 sec. A major portion of the propagation path from the West Caroline Islands and the Banda Sea is above, and on the continental side of, the deep seismic plane, while that from the Aleutian Islands is on the oceanic side. These suggest that the mantle structure is markedly different across the deep seismic plane; the shear velocity is 0.3 to 0.4 km/sec lower over a depth range 30 to 60 km on the continental side than on the oceanic side of the deep seismic plane. No appreciable difference from the normal continental dispersion was found for the path from Eurasia.|堂平微小地震観測所の3成分長周期地震計を用い,島弧の深部構造を明らかにするため,周期20から110秒までのRayleigh波とLove波の群速度を測定した.Rayleigh波とLove波を分離するために水平成分を波の伝幡方向とそれに直角な方向に分解した.群速度はband-pass filterとgroup delay time dφ/dω(φ:位相,ω:角周波数)の両方を用いてきめた. Love波の群速度は周期100秒のところでBanda Sea, West Caroline島の地震についてはAleutianの地震についての値とくらべて約0.2 km/secおそい.Rayleigh波についても同じ傾向がみられた.群速度の差は周期80 secで約0.15 km/secである.Banda Sea, West Caroline島からの伝幡径路は大部分深発地震発生面の大陸側にあり,Aleutianからのものは海側にある.このことは深発地震発生面をさかいとして大陸側ではマントル内の速度がおそく,海側では造いことを意味する.いくつかのモデルについて分散曲線を計算した結果,Rayleigh波,Love波両者の観測結果を同時に説明しうるモデルが得られた.このモデルでは深発地震帯の大陸側のマントルでは海側のマントルにくらべて深さ30から60kmにわたってS波の速さが約0.3からO.4 km/sec程度遅い.大陸側からきた波の分散曲線はユーラシア大陸の平均的分散曲線と大体一致する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12421
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0465002.pdf1.51 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください