UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12428

タイトル: 57. Reflection of Waves from a Point Source with Special Remarks on Total Reflection of Spherical Waves
その他のタイトル: 57.点状源からの彼の反射 : 特に屈折波に就いて
著者: Onda, Isao
著者(別言語): 音田, 功
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1183-1205
抄録: The reflected wave is expressed by the sum of a wave according to the geometrical ray theory and the residual from it which gives, in the far regions, the refraction event (or head wave). The amplitude of the geometrical reflected wave is evaluated from the effect of the spherical spreading and the plane wave reflection coefficient for the corresponding angle of incidence. However the amplitude of the residual wave in the region nearer than the critical angle reflection point is sufficiently small, from this point it starts to rise, and in the far regions decays monotonically following the well-known decay relation of the refraction wave, (γL13)-1/2, where γ is the horizontal separation and L1 is the distance travelled in the refractor. The correction to this amplitude is of the order √k2γ/(k2L1√1-n2) compared with unity, where k2 is the wave number in the refractor and n is the refractive index. The correction to the geometrical reflected wave is of the order (k1γ)-2 compared with unity, where k1 is the wave number in the other medium. Since the frequency dependence of these waves is different from each other, the pulse shape of each event is fairly different. From the energy fraction across the interface the refraction wave is associated with the inhomogeneous wave in the refractor.|点状源から放射された波による反射波が,幾何光学的反射波と残りの反射波との和として計算される.前者は波線がなす見掛けの入射波に対する平面波の反射係数に,波面の拡がりの影響を加へたものとして与へられる.一方,後者は前者からの凡ゆる残差の和として,積分表示で与へられる.後者の積分は複素積分に変換され,最峻急降下法によつて吟味される.とうげ点を通る積分からは幾何光学的反射波に対する補正項が求められ,もし必要ならば,分岐線積分から屈折波が計算される.分岐点がとうげ点に近い時には,分岐線積分の計算が非常に困難になるので,両点を結ぶ線上の積分によつて積分を近似した.結果を述べると,上記残差の反射波の振幅分布は,臨界反射点迄は充分小さく,臨界点から急激に増して,それ以遠では屈折波の振幅係数1/(γL13)1/2に比例して減衰する.ここにγは波源と観測点間の水平距離であり,L1は屈折媒質中を伝はる波線の長さである.亦,幾何光学的反射波に対する補正量は1に比べて1/(k1γ)2の大きさであり,屈折波に対するそれは1に比べて√k2γ/Kk2L1√1-n2)の大きさである.ここで,nは屈折率,k1,k2は夫々の媒質に於ける波数である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12428
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466001.pdf1.19 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください