UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12431

タイトル: 60. A Long Wave in the Vicinity of an Estuary [5]
その他のタイトル: 60.河口近傍における長波について[5]
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1237-1268
抄録: In this report, the variations of the amplitude and phase of RST (resultant) and RD (reflected and diffracted) waves and further the decaying modes in the canal are discussed through the numerical calculation. The following facts are then exposed. The same behavior of the wave as that in the case of the breakwater (Momoi, 1967), i.e., the appearance of high waves (>2.0 in amplitude) and rotating waves is found for RST wave in the open sea. Concerning the decaying modes in the canal which show the reflecting behavior of the wave in the canal, it is found that the invading wave advances along the (two) banks of the canal to be reflected toward the open sea in the middle part. In Section 6, the behavior of the wave around the estuary is elucidated through the numerical calculation of the wave around the right-angled corner. In the last section, the examination of the wave around the estuary is made by use of the approximated method (of mirror image) using the model of the right-angled corner.|本報告においては河口近傍の合成波(resultant wave),反射回折波および河口水路への減衰モードが数値解析を通して論じられている.それによれば,広海(open sea)領域において進人波の波高の2倍をこえる波高の領域および回転する波が現われている.この二つの現象は防波堤の風上側の水域(垂直入射の場合)においても同様におさている.また水路への減衰波は水路のカベにそつて水路内に進み,部分的に反射されて水路の中心軸にそつて広海にもどつている.6節においては河口近傍の波現象が直角隅角部のまわりの波現象と照合して論ぜられ,更に7節においては直角隅角部のモデルニつを用いて鏡像の方法により河口近傍の長波が調べられている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12431
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466004.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください