UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12436

タイトル: 65.臨界制振に近い状態にある地震計の検定
その他のタイトル: 65. A Note on the Calibration of a Seismometer : in the Case of h≈1
著者: 工藤, 一嘉
嶋, 悦三
佐藤, 泰夫
著者(別言語): Kudo, Kazuyoshi
Shima, Etsuzo
Sato, Yasuo
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1313-1324
抄録: It is well known that the frequency response of a seismometer is determined from its constants (natural frequency and damping coefficient). Up to now, however, there has been no method of determining these constants experimentally when h≈1. A simple new method is proposed here to overcome the above mentioned difficulty.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12436
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466009.pdf522.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください