UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12441

タイトル: 70. 1968年十勝沖地震の調査概要 : 特に北海道中南部地域について
その他のタイトル: 70. Off-Tokachi Earthquake Occurred in May 16, 1968 : with Special Respect to Field Investigations in the Southern Part of Hokkaido
著者: 太田, 裕
音田, 功
前川, 博
著者(別言語): Ohta, Yutaka
Onda, Isao
Maekawa, Hiroshi
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1397-1413
抄録: A large earthquake occurred to the south of Cape Erimo, Hokkaido, at about 9 h 49 m (JST) on May 16, 1968, and severely shook the Tohoku and Hokkaido areas. According to the Japan Meteorological Agency, the epicenter of this shock is 40°7N, 143:7E and 20km depth, and the magnitude 7.8 on the Richter scale. After about ten hours of this main shock, the largest aftershock (M=7.4) occurred at the location 41°4N, 143°3 E and 20km depth. Recently, the southern part of Hokkaido was rocked by two huge earthquakes, one was the Off-Tokachi earthquake of March 4, 1952 (M=8.1), and the other the Off-Hiroo earthquake of April 23, 1962 (M=7.0) (cf. Figure 1).
URI: http://hdl.handle.net/2261/12441
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466014.pdf2.76 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください