UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12443

タイトル: 72. 1968年十勝沖地震による青森県東南部での墓石の被害
その他のタイトル: 72. Damage to Tombstones due to 1968 Tokachi-oki Earthquake in the Hachinohe Area, Aomori Prefecture
著者: 松田, 時彦
著者(別言語): Matsuda, Tokihiko
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1425-1450
抄録: The 1968 Tokachi-oki Earthquake took place off the east coast of northern Honshu on 16th, May 1968, which gave severe damage on the coastal area of Aomori Prefecture and Southern Hokkaido (Epicenter 40.7°N, 143.7°E, Magnitude: 7.8, focal depth 20km). More than 500 houses were destroyed and about 46 persons were killed in Aomori Prefecture. The Hachinohe area and the vicinity, the most strongly-shaken part of Honshu, were surveyed to study the nature and distribution of damage to tombstones in many graveyards from the geological viewstand.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12443
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466016.pdf2.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください