UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12445

タイトル: 74.八戸市内の各種地盤上における十勝沖地震の余震および常時微動の観測結果
その他のタイトル: 74. Observations of Earthquake Motion and Microtremors on Various Kinds of Grounds in Hachinohe City
著者: 田中, 貞二
長田, 甲斐男
著者(別言語): Tanaka, Teiji
Osada, Kaio
発行日: 1969年3月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第46冊第6号, 1969.3.17, pp. 1461-1478
抄録: The 1968 Tokachi-Oki earthquake which occurred on May 16, 1968 caused considerable damage to houses in the eastern part of Aomori Prefecture. Hachinohe was one of the worst affected cities in the region and it was reported that the number of totally- and half-destroyed houses were 153 and 412, respectively. Over half the number of these destroyed houses were located on the alluvial plain along the river Asamizu, west of the city, while houses standing on hills were almost free from damage.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12445
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0466018.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください