UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12448

タイトル: 3. On the Edge Waves of the Iturup Tsunami
その他のタイトル: 3.エトロフ津波のエッヂウェーブについて
著者: Aida, Isamu
著者(別言語): 相田, 勇
発行日: 1969年3月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第1号, 1969.3.20, pp. 44-54
抄録: Two Iturup tsunamis of 1958 and 1963 have offered a good opportunity to investigate the behaviour of edge waves on the continental shelf. Taking into account the results of a model experiment carried out lately, an attempt is made to investigate the problem by techniques of digital filtering and the Fourier transform. The complexity of the shape of the continental shelf along the Pacific coast of northeastern Japan adds difficulty to obtain the fair results such as a model experiment. The results obtained in the present work are that a dispersive wave group with the characteristics of edge waves seems to follow the direct wave but this wave group includes the wave component normal to the coast which is 1 to 3 times the wave amplitudes of edge wave mode.|1958年および1963年のエトロフ島沖の地震に伴った津波は,その波源の位置から見て,日本の東北地方太平洋岸でedge waveが観測されることが期待され,すでに2,3の報告がなされている.しかし未だ完全な結論が出たとはいえないので,最近筆者等が行った水理模型実験の結果などを参照して,edge waveの存在について検討することとした.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12448
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0471003.pdf794.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください