UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12450

タイトル: 5. Separation of the Earth's Magnetic Field into the Drifting and the Standing Parts
その他のタイトル: 5.地球磁場の移動性部分と停滞性部分の分離
著者: Yukutake, Takesi
Tachinaka, Hiroko
著者(別言語): 行武, 毅
立中, ひろ子
発行日: 1969年3月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第1号, 1969.3.20, pp. 65-97
抄録: The earth's magnetic field has been separated into two types of field, the standing and the drifting fields by analysing the Gauss-Schmidt coefficients going back to the 17th century. The results show that the drifting field is mainly composed of a few low harmonics, and the standing field has a more complicated distribution. It has been confirmed that superposition of two types of field can well approximate the distribution of the observed non-dipole fields for various epochs. Even such a large rate of increase in the intensity amounting to 50γ/year as is observed for the Mongolian anomaly can also be accounted for by simple superposition of the two types of field. It is noteworthy that these two fields seem to have no interaction with each other, suggesting that they are of separate origin.|17世紀にさかのぼって,地球磁場の球函数展開係数をもちい,地球磁場を移動性部分と停滞性部分とに分離した.移動性磁場は球函数の低次の項で構成され,比較的単純な分布をしている.停滞性磁場の分布は,これに比べると複雑である.ここで分離された2種類の磁場を重ね合せることによって,過去数世紀にわたる地球磁場の変化を,充分よく近似できることが催められた.蒙古地方の磁気異常の年間50γにおよぶ急速な成長も,2種類の磁場の単純な重ね合せで説明できることがわかった.移動性磁場と停滞性磁場との間に,相互作用が認められないのは注目すべきことで,両者の発生機構が全く異るのではないかと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12450
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0471005.pdf2.01 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください