UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12464

タイトル: 19. The Seismological Observation and the Earthquake Detection Capability of Syowa Station, Antarctica
その他のタイトル: 19.昭和基地の地震観測と地震検知率
著者: Kaminuma, Katsutada
著者(別言語): 神沼, 克伊
発行日: 1969年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第3号, 1969.6.30, pp. 453-466
抄録: The seismological observation at Syowa Station (SYO), Antarctica was carried out by JARE (Japanese Antarctic Research Expedition) using HES seismographs of three components. We examined how many earthquakes reported in the summary report of USCGS were detected as P or PKP phase at SYO during the period from March to December 1967. The earthquake detection capability in connection with the magnitude and the epicentral distance was investigated. The detection capability of SYO is 7% in winter and 2% in summer. These values are the same order as those of DRV (Dumont d'Urville) and MIR (Mirny), but very low as compared with that of SPA (South Pole Station). The detection capability for distance range around 30 degrees is clearly low and it can be considered that there is some relation between the detection capability and P-wave amplitude.|1957年国際地球観測年以来,日本南極観測隊により,昭和基地では,いろいろな分野の観測が行なわれている.地震観測も1959年にHES地震計を使って開始された.1962年昭和基地の閉鎖にともない,4年間の空白はあったが,1966年基地は再開され,地震観測も始まった.1967年には長周期地震計(Tp=15秒)3成分も設置され,HES地震計3成分の観測ともども現在に至っている.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12464
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0473004.pdf902.25 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください