UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12469

タイトル: 24. On the Radiative Heat Transfer and the Thermal Conductivity in the Upper Mantle
その他のタイトル: 24.マントル上部における輻射による熱輸送と熱伝導率
著者: Fukao, Yoshio
著者(別言語): 深尾, 良夫
発行日: 1969年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第3号, 1969.6.30, pp. 549-569
抄録: In §1 and 2, the effect of radiation on the heat transfer in solids is described in terms of radiative thermal conductivity. In § 3, radiative thermal conductivity of olivine in the temperature range from 300° to 1300 °K is obtained from the results of the measurement of its optical absorption coefficient in the range of wave length from 0.3 to 10μ (Fukao et al., 1968). The sum of the ordinary lattice conductivity and the radiative conductivity of olivine is approximately constant and its value is about 0.012 cal/cm. sec. deg. from 300° to 1300°K. This conclusion is different from the simple T3 law which assumes temperature independent absorption. The conductivity deduced from the ordinary experiment will depend not only on the material but also on the thickness of the specimen. Quantitative discussion about the thickness effect is made (§4) for the case of the relatively large thickness of the specimen. §5 deals with some geophysical implications of the present results. If the upper mantle is mainly composed of peridotite and the crystal size in it is larger than about 1cm, the sum of the lattice conductivity and radiative conductivity is estimated to be approximately constant and its value is about 0.010 or 0.011 cal/cm. sec. deg. up to 1300°K. This result suggests that the possibility of mechanisms other than the above two modes of the heat transfer, such as solid state convection, should also be taken into account especially in the oceanic upper mantle.|不完全に光を吸収する無限固体中の輻射による熱輸送は普通の熱伝導と同じ拡散現象であり,従って輻射熱伝導率Krを定義することができる.Krは温度Tの3乗に比例し,光の吸収係数αの波長に関するある種の平均αに反比例する.先に我々はオリビンのαを波長0.3μから約10μにわたって温度1300°Kまでの範囲で測定した.αの温度依存性は非常大きく,実験結果から計算されたKrは,よく仮定されるような簡単なT3則には従わない.熱拡散率の実測から推定された格子熱伝導率Kpと今のKrとの和は1300°Kまで大体一定で,約0.012cal/cm. sec. deg.となる.この結果は熱拡散率の測定結果と比較的良く一致するが,殆どの温度範囲で後者の方が低目となる.一般に半透明物質の熱伝導率の測定に際して,輻射波の自由行程はサンプルの大きさと同程度でありこのとき測定値はサンプルの大きさ,その他に依存する.その依存性を比較的簡単な場合について考察した.もしマントル上部がおもにカンラン岩からなり,その中の結晶の大きさが少くとも1cm程度あるものとすると,マントル上部における実質的な熱伝導率は約1000℃までほぼ一定で0.010ないし0.011 cal/cm. sec. deg.と推定される.それ以上の温度においてもαの大きなT依存性からみて,T3則のような急激な熱伝導率の増加は望めない.この結果は少くとも海洋下のマントルにおいては格子熱伝導および輻射熱伝導以外の熱輸送形式-例えば熱対流-が存在していることを示唆する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12469
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0473009.pdf1.28 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください