UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12471

タイトル: 26. Transformation of an Elastic Wave Solution related to Translation of the Origin of the Polar Coordinate System
その他のタイトル: 26.極座標の原点の移動に伴なう弾性方程式の解の変換
著者: Onda, Isao
Sato, Ryosuke
著者(別言語): 音田, 功
佐藤, 良輔
発行日: 1969年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第4号, 1969.9.30, pp. 599-611
抄録: 地震波の生成・伝播の研究においては,震源函数が強い方向性をもつにもかかわらず,震源からの距離だけの函数と仮定している.これは,地球格や地表面での境界条件を適用するため,震源(点B)に原点をもつ座標系で表わした震源函数を地球中心(点A)に原点のある座標系で表わすことが必要であるが,方向性をもつ震源函数に対するこの種の変換式が得られていなかつたためである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12471
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0474001.pdf539.42 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください