UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12474

タイトル: 29. Numerical Experiments for the Tsunami Propagation : the 1964 Niigata Tsunami and the 1968 Tokachi-oki Tsunami
その他のタイトル: 29.津波伝播の数値実験 : 1964年新潟津波および1968年十勝沖津波
著者: Aida, Isamu
著者(別言語): 相田, 勇
発行日: 1969年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第4号, 1969.9.30, pp. 673-700
抄録: The present work is an attempt to approach the problem of tsunami propagation by means of a numerical experiment. A preliminary experiment to examine the computing accuracy has been carried out for the square origin in a uniform water depth with a sufficient performance. The Niigata tsunami was treated, because the submarine crustal movement in the tsunami origin had been surveyed in detail. The experimental results were satisfactory in the comparison of the wave forms with two tide gage records and also in the comparison of profile of the maximum water elevation with the actual inundation height. The energy radiation pattern of the wave origin itself shows the directivity of such a shape as an Arabic numeral, 8, however, the actual tsunami radiates the strong energy toward the coast but the weak energy seaward. It is understood that this is caused by a refraction of wave on the sloping shelf. As for the Tokachi-oki tsunami, several models of wave origin were assumed for experiments. By comparing the computed result with tide gage records, the most probable model was selected.|日本近海の津波波源から海岸までの津波伝播の問題は,種々興味あるところであるが,今まで実験的に取扱つた例はなかつた.ここでは,数値実験の方法でこの問題を取扱つた.方法は,基礎微分方程式を差分方程式に変換し,計算格子上の各点の水位分布,流量分布を交互に計算する通常の方法である.予備実験として,正方形波源が,一定水深の海にある場合について行ない,格子間隔の疎い場合,細かい場合の比較を行なつた.続いて新潟津波について,水路部で測られた波源附近の海底の変動が瞬間的に起つたものとして,日本海岸の各地に到達する津波を求めた.検潮記録との比較で,実験波形はかなりよく一致し,また全体の波高分布も実測とよく一致する.波源自身のエネルギー放射の指向性についても調べたが,波源は8字形の指向性を持つている.実際には陸側にのみ強い指向性を示し,沖には非常に弱くなる.これは陸棚傾斜によるものと解される.十勝沖津波について数個の波源モデルが仮定され,それぞれについて実験が行なわれた.各地の検潮記録と比較した結果,最も適当と思われるモデルが求められた.それによると,波源域の北西隅に沈降地域があつて,沈降と上昇地域の境界は,ほぼ143°Eの線の上にある,隆起量の最大は約5m位である,などが推定される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12474
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0474004.pdf1.71 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください