UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12478

タイトル: 33. The Ebino Earthquake Swarm and the Seismic Activity in the Kirisima Volcanoes, in 1968-1969, Part 3 : Crustal Deformation inside the Kakuto Caldera Relating to the 1968 Ebino Earthquakes
その他のタイトル: 33. 1968-1969年のえびの地震群及び霧島火山群の地震活動(第3報) : 加久藤カルデラ内岡元地区及びえびの高原に於ける水準測量結果
著者: Miyazaki, Tsutomu
Hiraga, Shiro
Minakami, Takeshi
著者(別言語): 宮崎, 務
平賀, 士郎
水上, 武
発行日: 1969年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第4号, 1969.9.30, pp. 769-781
抄録: 1966年岡元地区に地震観測網を新設すると同時に,狭い地域ではあるが水準点を十字状に配列して,同地域の傾斜変動の検出に便利な水準路線をつくつた.同様の水準路線をえびの高原に新設した(霧島火山観測所の水準点を含む).第一回目の水準測量は1967年3月に実施したが,それはえびの地震群の発生する約一年前である.第二回は地震群が発生して間もなくの1968年3月,第三回は同年11月,第四回は1969年3月に行なつた.本報告には以上の水準測量の結果と,えびの地震群に伴つたと推定される水準変化および傾動について記載した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12478
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0474008.pdf671.33 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください