UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12485

タイトル: 40. A Long Wave around a Breakwater [8] : Case of Oblique Incidence
その他のタイトル: 40.防波堤のまわりにおける長波[8] ; 斜入射の場合
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1969年11月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第47冊第5号, 1969.11.15, pp. 875-890
抄録: The long wave around the breakwater gap is discussed for the case of the oblique incidence of a train of periodic waves. In the analysis, the incident wave always meets at a sharp angle with the right-hand, breakwater. The most conspicuous features found in the analysis are as follows. A reverse current appears in the windward waters around the terminus of the left-hand breakwater for the wave of long wavelength which is the current against the direction of the incident wave travel. The stagnation point discriminating between the above reversecurrent and the advancing one is in a sense moving away from the breakwater gap along the left-hand breakwater for the increase of the incident angle of the incoming wave. In the analysis concerning the influence of the breakwater wing upon the diffracted wave from the other breakwater, it is found that the wave is reflected from the breakwater shadow.|本報告においては防波堤に対して進入波が斜入射する場合(ここで進入波は常に右手の防波堤と鋭角をなすように与えられている)の論議がなされている.数値解析によって判明した著しい現象は次のごとくである.左手の防波堤端近くの風上側の水域で進入波の進行方向とは逆向きの流れが波長の長い波に対して現われる.そしてこの逆流の規模は進入波の進入角(進入波と右手の防波堤とがなす角)が大きくなるにつれて大きくなってくる.また回析波に対する防波堤端の影響に関する解析において,防波堤の陰から風上側への反射波が見出される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12485
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0475004.pdf778.38 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください