UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12500

タイトル: 2. Construction of Amplitude Curves and Determination of Station Corrections for a Seismic Network Located in the Epicentral Area : Based on the data of Wakayama Micro-earthquake Observatory and its Sub-stations
その他のタイトル: 2.震央域にある地震観測網に対する振幅減衰曲線と観測点補正値 : 和歌山微小地震観測所とその衛星観測点の資料にもとづく
著者: Christoskov, L.
発行日: 1970年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第1号, 1970.3.31, pp. 19-28
抄録: In this study an attempt is made to determine the station corrections and to plot the amplitude-distance curve for maximum velocity amplitudes at short epicentral distances, besides, the method used does not require information from external sources and is based only on the data obtained at these stations. A mutual correction and checkup of the station corrections is possible, if we draw into the calculation all observed individual corrections between every two stations of a certain observation network. This procedure increases the accuracy of the station correction determinations, which is of great importance for constructing the gradient curve at small epicentral distances. The amplitude-distance curve is obtained by integration of the gradient amplitude curve. Its absolute normalization is made on the grounds of the relation between maximum ground velocity amplitude and the magnitude determined by the total duration of oscillation. The numerical results obtained for the Wakayama Observatory network have to be assumed as a first step or approximation which should be followed up by a more detailed study. Nevertheless, the magnitude determined by the maximum ground velocity amplitude (equation (12)) could be used in practice, for statistical study of the energy distribution in the epicentral area. A future construction of the gradient and amplitude curves for P-wave and an investigation of the azimuth influence (or effect) on the shape of the amplitude curves will be very useful in the practice.|和歌山微小地震観測所およびその衛星点で観測されその観測報告に発表されている局地地震の最大地動速度振幅値の資料をもちい,まず各観測点に対する観測点補正値を和歌浦観測点を基準としてもとめた(第1表).これは動木Tdを例外として,ほぼ観測点のある地盤の地質のかたさの順になつている.つぎにこの補正値を採用し,振幅減衰の勾配をもとめ(Fig.2)それを数値積分して振幅減衰曲線をもとめた.(Fig.3)これによつてマグニチュードを計算するためのcalibrating function σ(⊿)がえられ(第2表),紀伊半島の局地地震のマグニチュードをもとめることができるようになつた.そこで例として若干の地震についてこの方法でえたマグニュチードと観測点補正値をくわえないでえたマグニチュードを計算し,これらと津村によりだされた全振動継続時間F-Pによりもとめたマグニチュードとを比較し,観測点補正値をいれたものはF-Tによるものとまず一致しているといえることがわかつた.(第3表および第5図)
URI: http://hdl.handle.net/2261/12500
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0481002.pdf498.3 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください