UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12501

タイトル: 3. Faulting Associated with the Matswshiro Swarm Earthquakes
その他のタイトル: 3.松代群発地雲にともなつた断層運動
著者: Tsuneishi, Yukimasa
Nakamura, Kazuaki
著者(別言語): 恒石, 幸正
中村, 一明
発行日: 1970年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第1号, 1970.3.31, pp. 29-51
抄録: Ground cracks associated with underground faulting first appeared in the Matsushiro area on April 11, 1966, during the highest seismic period of the Matsushiro swarm earthquakes. Field and instrumental surveys revealed that the fault can be traced for more than 5 km and that its maximum amount of displacement is about 50cm of left-lateral slip. The surface trace of the fault comprises a number of fissure zones which are made up of numerous en-echelon ground cracks; the fissure zones themselves are arranged in an enechelon pattern within the larger fissured area. The displacement paths and the rates of displacement were obtained by instrumental measurements. Displacements on fissure zones proceeded in direct correlation with seismic activity and other crustal deformations. In this paper, results of instrumental measurements are summarized, and the relationships of the fault movements to the earthquakes are discussed from a geological viewpoint. Further, the role of groundwater which might have affected tectonic processes, including the seismicity and crustal deformation, is examined.|松代群発地震にともなつた断層運動の野外調査および計器観測に従事してきた筆者らは,すでに二度にわたりその結果を報告してきた(Nakamura and Tsuneishi, 1966, 1967).本稿ではすでに発表された資料に,その後1967年3月までに得られたものを加えて再整理を行つた結果を提出し,他の多くの研究者による成果と合せることにより松代地震断層の地質学的意味,地震活動・地殻変動との関係について若干の考察を加える.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12501
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0481003.pdf1.74 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください