UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12502

タイトル: 4.栃木県・古峰ケ原における極微小地震観測 : 1969年8月13日の地震の余震観測
その他のタイトル: 4. Micro-seismic Observation at Kobugahara, Tochigi Prefecture : Aftershock observations of the Earthquake, August 13, 1969
著者: 神沼, 克伊
津村, 建四朗
松本, 英照
唐鎌, 郁夫
著者(別言語): Kaminuma, Katsutada
Tsumura, Kenshiro
Matumoto, Hideteru
Karakama, Ikuo
発行日: 1970年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第1号, 1970.3.31, pp. 53-63
抄録: Two felt earthquakes of magnitude about 4 with rumbling of the earth, occurred at 02h46m and 03h20m (J.S.T.) Aug. 13, 1969 in the northern parts of Kanuma city, Tochigi Prefecture. To explain the cause and feature of the felt shocks and earthquake sounds which continued from that time, a temporary micro-seismic observation was carried out at Furumine Shrine, Kobugahara, Tochigi Prefecture about 15 km west of the epicenters, from Aug. 29 to Sept. 6 using the tripartite array net and from Sept. 6 to Oct. 6 with one component monitoring system. A block diagram and a sensitivity curve of the instrumentation used are given in Figs. 1 and 2. Tripartite stations were occupied, as shown in the map of Fig. 3, near the temporary observation room of Furumine Shrine.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12502
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0481004.pdf940.35 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください