UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12504

タイトル: 6. 1923年関東地震津波の数値実験
その他のタイトル: 6. A Numerical Experiment for the Tsunami accompanying the Kanto Earthquake of 1923
著者: 相田, 勇
著者(別言語): Aida, Isamu
発行日: 1970年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第1号, 1970.3.31, pp. 73-86
抄録: 海底変動によつて発生する津波の振幅は,海底変動の垂直変位と,変動の速度に依存する.若し変動速度に対する振幅応答の特性が異つた場所があるならば,変動模型を仮定した数値実験の結果と,実際の観測値とを比較することによつて,海底変動の大きさと,速度を推定することが出来る筈である.1923年関東地震津波が例題として採上げられ,相模湾岸および横須賀の実測値と調和するような変動模型が求められた.その結果,少くとも津波発生に効果的であつたと思われる海底変動は,5min以下の比較的短時間に完了し,垂直変位量は最大-6~-10m程度と推定される.|After the Kanto Earthquake in 1923, the sea bottom displacement in Sagami Bay was investigated by the Hydrographic Office. The comparison of the hydrographic surveys made before and after the earthquake resulted in an enormous amount of displacement. The credibility of this conclusion was examined by MOGI (1959) who showed that at least, the south-western part of Sagami Bay experienced subsidence of the order of 50 m. In the present paper, the author tried to examine the compatibility of the sea-bottom deformation obtained by the Hydrographic Office and the tsunami height observed along the coast of Sagami Bay, by making use of a numerical experiment. In this experiment, it is assumed that the areal distribution of the bottom deformation is as given by the Hydrographic Office and the speed of the vertical movement of the bottom is constant for a certain duration.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12504
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0481006.pdf874.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください