UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12506

タイトル: 8. Seismonetrical Re-Evaluation of the Great Kanto Earthquake of September 1, 1923
その他のタイトル: 8.関東大地震の震源とマグニチュード
著者: Kanamori, Hiroo
Miyamura, Setumi
著者(別言語): 金森, 博雄
宮村, 摂三
発行日: 1970年6月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第2号, 1970.6.10, pp. 115-125
抄録: Old seismological data were used to re-evaluate the Great Kanto Earthquake of September 1, 1923. On the basis of reported P times at about one hundred stations the hypocenter parameters were determined as: origin time, 2h58m32s; latitude 35.4°N; longitude, 139.2°E; depth, 0 to 10km. The above epicenter may be uncertain by ±15 km. The surface-wave magnitude was re-evaluated using seismograms from 17 stations. The average value of 8.16 was obtained.|1923年9月1日の関東大地震の震源とマグニチュードを再決定した.震源決定に用いた資料はInternational Seismological Summaryや日本の文献に発表されているP波の発震時で約100の観測点の値を用いた.再決定された震源要素は次の通りである.震源時:02時58分32秒,震央緯度:35.4°N,震央経度:139.2°E,深さ:O~10km.この震央の誤差は±15km位である.マグニチュードの決定は,17ケ所の観測所で記録された周期20秒程度の表面波の振幅を用いて行なつた.平均値として8.16が得られた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12506
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0482002.pdf1.5 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください