UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12516

タイトル: 18.東京が震度V以上の地震に襲われる確率
その他のタイトル: 18. Future Probability of a Coming Earthquake with Intensity V or more in the Tokyo Area
著者: 宇佐美, 龍夫
久本, 壮一
著者(別言語): Usami, Tatsuo
Hisamoto, Soichi
発行日: 1970年6月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第2号, 1970.6.10, pp. 331-340
抄録: Recent discussion on the abnormal crustal movement in the Boso-peninsula raised the fear of a coming earthquake in the Kwanto-area. The present study, stimulated by this phenomenon, aimed at finding the probability of a future earthquake with intensity V or more in Tokyo. Earthquakes from 818 to 1969 were used. Kawasumi's method pertaining to the periodicity, and Ogawara's one which picks up the durability and the intermediate method were examined. A period of 36 years was found from Kawasumi's method. From the latter method, the probability of a coming earthquake within τ'years from the present, under the assumption that τ0 years have elapsed after the last earthquake, is calculated and arranged in graphical forms.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12516
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0482012.pdf623.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください