UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12520

タイトル: 22. Regional Study on the Characteristic Seismicity of the World : Part 5. Bonin-Mariana Islands Region : Comparative Study on the Reliability of USCGS Seismic Data Since 1963
その他のタイトル: 22.世界の特殊な地震地域の活動について : その5 小笠原列島からマリアナ請島周辺にかけて : USCGSの資料にもとづく震源分布の信頼度
著者: Santo, Tetsuo
著者(別言語): 三東, 哲夫
発行日: 1970年8月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第3号, 1970.8.31, pp. 363-379
抄録: Reliability of the epicentral maps and shapes of foci zones obtained from U.S. Coast and Geodetic Survey's data since 1963 were checked through comparing them to those obtained by relocation for two regions, Bonin-Mariana Islands and Tonga-Kermadec Islands. Similarity between them were found to be fairly good. USCGS data of the events whose locations utterly disappeared or greatly deviated from the main trends on the maps of relocated data were, almost all, restricted to the smaller events which had been excluded in advance from the relocation because of the inconvenient conditions: insufficient number of stations which detected the events and/or the biassed distribution of stations around the epicenters. The above results raise an anxiety if such exclusion of smaller events leads us to a mistaken conclusion on the true seismicity of that region, though the above exclusion is unavoidable for getting the precise figure on the foci distribution. A suggestion was made as to the cause of the vertical underthrusting of focal zone along the section perpendicular to the trend of the Mariana Trench in its central part.|小笠原列島からマリアナ諸島にかけての地震活動は,勝又,サイクスによって震源の再決定がなされたうえで行われている.そこで本篇では,震源位置についてのUSCGSのなまの資料(1963年以降)を用いた震源分布と,上述の再決定による分布との比較をまず行つてみたが,両者は予想以上によく合つていた(第2,3図).しかも,なまの資料を用いたばあいに見られる震源のばらつきは,ほとんど全部が小さい地震に限られ,これらの地震は,記録できた観測点の数が少ないか,またはその分布が偏つているかの理由から,再決定の材料からあらかじめ除外されたものばかりであった(第3図).これらの除外された地震は当然小さい地震ほど多く,mが4.8前後のものはその90%内外が,そして4.5以下はほとんど全部が再決定から除外されている(第4図).しかしこれでは,ある程度以下の小さい地震の活動は,震源再決定という手段のために消え去ってしまうことになる.だから,震源を決め直して活動を調べるばあいには,参考としてこれら除外された地震の震源分布にも同時にふれておくことが必要であろう.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12520
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0483002.pdf946.05 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください