UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12523

タイトル: 25. Recent Horizontal Deformation of the Earth's Crust and Tectonic Activity in Japan (1)
その他のタイトル: 25.日本の最近の地殻の水平変動と地震活動との関係(1)
著者: Mogi, Kiyoo
著者(別言語): 茂木, 清夫
発行日: 1970年8月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第3号, 1970.8.31, pp. 413-430
抄録: 最近,原田・井沢(1969)は,約60年の間隔で行なわれた2回の一等三角測量の結果を解析して,北海道をのぞく日本列島の三角点の水平移動を求めた.彼らの方法は,いくつかの固定点を設定する多固定点法といわれるもので,その結果は,地方的変動をかなり忠実にあらわしていると思われる.このような変位の分布図は,その地域の応力状態を知る手掛りを与えるものとして重要である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12523
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0483005.pdf1.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください